日々、御書に学ぶ

アクセスカウンタ

zoom RSS 自身の生命が妙法の当体

<<   作成日時 : 2011/04/20 08:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

此の八万法蔵を我が心中に孕み持ち懐き持ちたり我が身中の心を以て仏と法と浄土とを我が身より外に思い願い求むるを迷いとは云うなり (三世諸仏総勘文教相廃立 563ページ)

通解:この八万法蔵を我が心のなかにはらみ、懐き持っているのである。それなのに我が身中の心で、仏と法と浄土とを我が身より外にあると思い、外に願い求めていくのを迷いというのである。


自身の生命が妙法の当体であることを信じられない迷いの心を戒められた一節です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

自身の生命が妙法の当体 日々、御書に学ぶ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる