日々、御書に学ぶ

アクセスカウンタ

zoom RSS 釈尊こそ衆生救済の如来

<<   作成日時 : 2014/11/21 08:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

いかにも釈迦如来の教化をばはなるべからず而(しか)りといへども人皆是を知らず委(あまね)く尋ねあきらめば唯我一人能為救護(ゆいがいちにんのういくご)と申して釈迦如来の御手を離るべからず (善無畏三蔵抄 885ページ)

通解:なんとしても釈迦如来の教化から離れるべきではないのである。ところが、人は皆、このことを知らない。広くもれなく尋ねて調べて明らかにすれば、法華経譬喩品第三に「唯我れ一人だけが能く衆生を救い護る」とあるように、我等衆生は釈迦如来の御手を離れるべきではないのである。


釈尊こそ、宿業深い衆生を救済される仏であるから、娑婆世界の衆生は釈尊を離れるわけにはいかないのであると仰せになられています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

釈尊こそ衆生救済の如来 日々、御書に学ぶ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる