日々、御書に学ぶ

アクセスカウンタ

zoom RSS 仏とは“よく忍ぶ人”

<<   作成日時 : 2011/04/24 08:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

此の世界をば娑婆と名く娑婆と申すは忍と申す事なり・故に仏をば能忍と名けたてまつる (四恩抄 935ページ)

通解:この世界を娑婆と名づける。娑婆というのは忍ぶということである。ゆえに仏を能忍と名づけるのである。


娑婆世界で、法華経を身で読み、難をよく忍ぶ人のことを仏というと示されています。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

仏とは“よく忍ぶ人” 日々、御書に学ぶ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる