日々、御書に学ぶ

アクセスカウンタ

zoom RSS 持続の信心を

<<   作成日時 : 2011/05/04 08:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

人の心は水の器にしたがふが如く物の性は月の波に動くに似たり、故に汝当座は信ずといふとも後日は必ず翻へさん魔来り鬼来るとも騒乱する事なかれ (聖愚問答抄 500ページ)

通解:人の心は水が器に従って変わるようなものであり、物の性質が変化する様は月影が波に動くのに似ている。ゆえに、あなたは今は信じるといっても、後日、必ず心を翻すであろう。しかし、魔が来ても鬼が来ても、心を乱してはならない。


人の心の移ろいやすさを示して、信心の決意を持続するよう戒められている御文です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

持続の信心を 日々、御書に学ぶ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる