アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「開目抄」のブログ記事

みんなの「開目抄」ブログ

タイトル 日 時
知らないことを教えるのが師
師と申すは弟子のしらぬ事を教えたるが師にては候なり (開目抄 208ページ) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/23 08:00
善知識とは
善知識と申すは一向・師にもあらず一向・弟子にもあらずある事なり (開目抄 208ページ) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/11/22 08:00
法華経の行者を師とする
法華経の行者あらば必ず三類の怨敵あるべし、三類はすでにあり法華経の行者は誰なるらむ、求めて師とすべし一眼の亀の浮木に値うなるべし (開目抄 230ページ) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/31 08:00
時に適った実践を
無智・悪人の国土に充満の時は摂受(しょうじゅ)を前(さき)とす安楽行品のごとし、邪智・謗法の者の多き時は折伏を前とす常不軽品のごとし (開目抄 235ページ) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/25 08:00
十界互具こそ一念三千の中核
一念三千は十界互具よりことはじまれり (開目抄 188ページ) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/25 08:00
謗法を責め抜く
仏法を壊乱するは仏法中の怨(あだ)なり慈無くして詐(いつわ)り親しむは是れ彼が怨なり能く糾治(きゅうじ)せんは是れ護法の声聞真の我が弟子なり彼が為に悪を除くは即ち是れ彼が親なり能く呵責する者は是れ我が弟子駈遣せざらん者は仏法中の怨なり (開目抄 236ページ) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/13 10:00
死身弘法
詮ずるところは天も捨て給え諸難にもあえ身命を期(ご)とせん (開目抄 232ページ) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/03 10:00
折伏と摂受
時機をしらず摂折の二門を弁(わきま)へずんば・いかでか生死を離るべき (開目抄 236ページ) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/25 19:07
愚人に褒められたるは第一の恥
伝教大師の南京の諸人に「最澄未だ唐都を見ず」等といはれさせ給いし皆法華経のゆへなればはぢならず愚人にほめられたるは第一のはぢなり (開目抄 237ページ) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/24 18:49
日蓮大聖人の誓願
我日本の柱とならむ我日本の眼目とならむ我日本の大船とならむ等とちかいし願やぶるべからず (開目抄 232ページ) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/21 12:36
穢土を浄土へ
今爾前(にぜん)・迹門(しゃくもん)にして十方(じっぽう)を浄土と・がうして此の土を穢土(えど)ととかれしを打ちかへして此の土は本土なり十方の浄土は垂迹の穢土となる (開目抄 214ページ) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/20 10:55
三障四魔を恐れず
いはずば今生(こんじょう)は事なくとも後生(ごしょう)は必ず無間地獄に堕べし、いうならば三障四魔必ず競い起るべしと・しりぬ、二辺の中には・いうべし (開目抄 200ページ) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/14 12:23
不惜身命の心で
若し善男子有つて正法を護らんと欲せば彼の貧女の恒河に在つて子を愛念するが為に身命を捨つるが如くせよ (開目抄 233ページ) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/12 11:42
願兼於業
つくりたくなき罪なれども父母等の地獄に堕ちて大苦を・うくるを見てかた(形)のごとく其の業を造って願って地獄に堕ちて苦(くるしむ)に同じ苦に代(かわ)れるを悦びとするがごとし (開目抄 203ページ) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/01 08:48
女人成仏
竜女が成仏此れ一人にはあらず一切の女人の成仏をあらはす、法華已然の諸の小乗教には女人の成仏ゆるさず、諸の大乗教には成仏・往生をゆるすやうなれども或は改転の成仏にして一念三千の成仏にあらざれば有名無実の成仏往生なり、挙一例諸(こいちれいしょ)と申して竜女が成仏は末代の成仏往生の道をふみあけたるなるべし (開目抄 223ページ) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/16 10:00
生涯不退の信心
善に付け悪につけ法華経をすつるは地獄の業なるべし (開目抄 232ページ) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/16 10:00
報恩
仏法を学せん人・知恩報恩なかるべしや、仏弟子は必ず四恩をしって知恩報恩をいたすべし (開目抄 192ページ) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/01 10:00
忍難と慈悲
日蓮が法華経の智解(ちかい)は天台伝教には千万が一分も及ぶ事なけれども難を忍び慈悲のすぐれたる事はをそれをもいだきぬべし (開目抄 202ページ) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/27 10:00
師の教えを忘れない
我が弟子に朝夕(ちょうせき)教えしかども・疑いを・をこして皆すてけんつたなき者のならひは約束せし事を・まことの時はわするるなるべし (開目抄 234ページ) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/01 09:35
因果の理法
過去の因を知らんと欲せば其の現在の果を見よ未来の果を知らんと欲せば其の現在の因を見よ (開目抄 231ページ) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/19 10:56
日本国で第一に富める者
当世日本国に第一に富める者は日蓮なるべし命は法華経にたてまつり名をば後代に留べし (開目抄 223ページ) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/02 23:37
難と仏界
我並びに我が弟子・諸難ありとも疑う心なくば自然(じねん)に仏界にいたるべし、天の加護なき事を疑はざれ現世の安穏ならざる事をなげかざれ (開目抄 234ページ) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/01/04 09:40

トップへ | みんなの「開目抄」ブログ

日々、御書に学ぶ 開目抄のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる